アニメ曜日
タイトル一覧
アイドルマスター(THE IDOLM@STER)
follow us in feedly
アイドルマスター
THE IDOLM@STER ©NBGI/PROJECT iM@S 

待田堂子脚本、高雄統子絵コンテ・演出。

アイドルマスター第2話「“準備”をはじめた少女たち」
海外の感想。

5
Episode 2 Review アニメ曜日


The Girls Prepare Themselves


ロリトリオ回だ。
手堅い作りだったし、こんなに早く当番回が来るなんて、
僕のような伊織とやよいのファンにとっては嬉しいこと。
初回よりもユーモアに溢れていて、心が温まる内容でもあった。
小さなグループに分けて、毎回順番に光を当てていくようだ。
いい構成だと思う。
──── 男性

いつも全員まとめて動かすとごちゃついてしまうからね。
少人数に焦点を絞るのはイイと思うわ。
──── 女性

それでいて単に一人づつ分離した主役回ではないんだ。
今回初登場のOPは、まさに天国。
──── 男性・アメリカ

冒頭の律子、自分でドアを開けられそうな気がしますが…。
──── not specified

私の好きな冬馬が出てきたというだけじゃなく、全体に好き!
美希の衣装もクール、あんなのが着てみたい!
──── 女性・ドイツ

アイドルマスター THE IDOLM@STER

あの時、春香たちはどこにいたの?
765プロのビル?
だとしたら冬馬はなぜそこに。
──── not specified

ちょっとライバルの偵察に。
──── 男性・アメリカ

あれは別の建物でしょう。
どこか出先じゃないかな。
──── not specified

失礼な男だ。
──── 男性

ヘイあまとう、一人で何している。
──── not specified

オーディション会場の建物でしょう?
──── 男性・アメリカ

この回は、いつもみたいに3人で連れションしてなかったんだっけ。
──── 男性

我等がライバル登場。意外と早かった。
原作ゲームの初登場シーンを少し改変したような感じ。
アニメではいい役割を果たしてくれるといいな、ジュピター。
──── not specified

アイドルマスター THE IDOLM@STER

ところで765プロのビルって、自社所有なのかな?
──── 男性・アメリカ

原作的には多分ノー。
今後、移転イベントがあるのかは知らない。
──── not specified

前回に較べて可愛さアップ、クォリティーはややダウン?
貴音はかなり…変な人ね!
──── 女性

私は貴音が好き。
ゲームでの彼女の様子を知っているから。
それから釘宮理恵好きとして、伊織の声優はすぐに判別できた。
面白かったので今後も視聴継続するわ。
──── 女性・ニュージーランド

ステーキ!
今回は笑ったよ。
──── 男性・アメリカ

ここまでのところ、やよいと春香がお気に入りです。
──── 男性・シンガポール

ナチュラルプリティだって。
また釘宮ツンデレキャラだ。
──── 男性
〚編注〛ナチュラルプリティ…英語ではNaturally Pretty~、Natural yet Pretty~などが自然


アイドルマスター THE IDOLM@STER

釘宮ボイスのキャラは気にならないが、自分はやよいの「うっうー」がダメだ。
アニメ自体には文句ない。
──── 男性・アメリカ

釘宮理恵の声が伊織を最も魅力的なキャラにしてくれる。
でも美希と貴音もそれに負けてない。
貴音は美しいし、美希は独自の世界を持っている。
このシリーズは最後まで観ることになりそうだ…。
──── ハンガリー

全員の宣材写真撮影。
初回に引き続きキャラの紹介ですね。
──── not specified

アイドルマスター第2話「紹介します!」
──── not specified

2話で万策尽きちゃった。
──── not specified

876の子がいた?
雑誌のところだったかな。
──── イングランド

これ?
──── 女性
アイドルマスター THE IDOLM@STER

ふ、雰囲気が似ているだけだった…。
──── イングランド

「夏のお花畑」というキャッチフレーズに何故かウケてしまった。
──── not specified

アイドルマスター THE IDOLM@STER

真はどうしてあんなにボーイッシュなんだろう。
──── 男性・アメリカ

スタジオアシスタントの女性に笑った。
真はレディーキラーね。
──── 女性

彼女のリアクション。
今回のフェイバリット・シーン!
──── 女性

小鳥は真×雪歩カップリングの支持者!
実際、真の行動次第では百合ハーレムのトップに君臨できるわけだけど…。
──── not specified

冬馬の顔見せが意外なほど早かった。
なにより今回は、撮影中の雪歩が超キュートだと言わせてもらう。
美希の服も確かに良かった。
──── 男性・アメリカ

この内容は…『シンデレラガールズ』で言うと何話でしたっけ?
あれはこのオリジナル版をなぞった構成にしているみたいですね。
──── not specified

この2話と前回1話の中身は、両方まとめてシンデレラの2話相当。
──── not specified

いい話でした…。
初回で脱落しそうになりましたが、もっと観てみようという気になりました。
──── 男性・スリランカ

この主人公、なんて退屈な男…。
ペドフィリアということ以外、彼の“個性”は一体どこに。
──── not specified

アイドルマスター THE IDOLM@STER

プロデューサーさんは視聴者の分身だからね。
名前がないのも、個性を消すためだと思うよ。
──── not specified

プロデューサーはあまり役に立っていないね…。
ロリ三人(4人)組に助けを求められても答えを出せず、一緒に考えるだけ。
結局、美希に助けられた。
──── 男性

OPが凄い。エクスタシー。
こんなのが来るとは思わなかった。
──── not specified

OPは、そうだね…画面がうるさいというか、キャラクターを追いかけにくい。
決して悪くはないのだが。
──── 男性

今『シンデレラガールズ』のOPと較べると、
観客のサイリウムの表現が物足りなかったりするなあ。
──── アメリカ

このOP『READY!!』は新曲?それともゲームから?
──── not specified

新曲だね。
──── 男性・アメリカ

アイドルマスター THE IDOLM@STER
OPは凄くいいよ!
ところで、この背景の模様は一体何?
──── 男性

『アイドルマスター』のロゴのひとつさ。
──── 男性・アメリカ

『ラブライブ!』が大好きなんですが、
『アイドルマスター』も同じ系統のアニメですか?
興味があります。
──── not specified

ある面ではイエス。
でもIdolm@sterにCGを期待しないこと。 
──── 男性・アメリカ

似ているとも言えるが、僕はアイマスのほうが好き。
観ることをお勧めする。
──── 男性

アマチュアである「スクールアイドル」と比較して、
アイマスではプロとしてのアイドルを描いている。
ダンスがCGIではない。
振付けのバリエーションはアイマスのほうが多彩。
退屈な曲があるかと思えば超素晴らしい曲もあるのがアイマス。
その点、ラブライブは楽曲面で安定していると個人的には思う。
アニメーションの質は互角。
最終回に向けての盛り上がりはどちらも観る価値があるよ。
あとは、アイマスにはキャラ別の主役回があるのが特徴だ。
だから好きになれない子が居たら、その回をとばせばいい。
その次の回から問題なく観る事ができるよ。
とはいえ、私はどのキャラも気に入っている。…雪歩を除けば。
しかし雪歩は主役回でもそれほど重要ではなかったりもする…。
──── not specified

アイドルマスター THE IDOLM@STER

次回、雪歩回のようですね?
──── 男性・シンガポール

そのようだ。
タイトルに“勇気”とある通りの内容を期待。
EDは「Kosmos, Cosmos」がいいなあ!
──── not specified

「First Stage」のほうがぴったりだと思う。
──── 男性

賛成。
──── not specified

あずみん(azumin)は今までに「First Stage」を歌ったことありましたっけ。
──── 男性・シンガポール

アイドルマスター THE IDOLM@STER
今回気になったこと。
千早の笑顔は、視聴者にお見せできないほどのものだったこと。
──── 男性・アメリカ

待っていたよハイ、ターッチ!
EDが伊織の小さい頃からの写真アルバムになっているのも良かった!
──── 男性


放送予定

TVアニメ『THE IDOLM@STER(2011)』の再放送が2015年4月より開始

第1クール・第1話~第13話は4月~6月(春)
7月~9月(夏)には『シンデレラガールズ』第2クール・第14話~を放送 2015年7月17日金曜日開始
第2クール・第14話~第25話は10月~12月(秋)

放送局

TOKYO MX 金曜日24:00~ 4月17日
チバテレ 金曜日24:00~ 4月17日
群馬テレビ 金曜日24:00~ 4月17日
とちぎテレビ 金曜日24:30~ 4月17日
テレ玉 金曜日24:30~ 4月17日
tvk 金曜日25:00~ 4月17日

KBS京都 金曜日24:00~ 4月17日
サンテレビ 金曜日24:00~ 4月17日
岐阜放送 金曜日24:00~ 4月17日
三重テレビ 金曜日24:20~ 4月17日
TVQ九州 火曜日26:35~ 4月21日

BS11 金曜日24:00~ 4月17日 / 木曜日25:00~ 4月23日

2015.04.25 土曜日