アニメ曜日
タイトル一覧
アイドルマスター(THE IDOLM@STER)
follow us in feedly
アイドルマスター
THE IDOLM@STER ©NBGI/PROJECT iM@S 

土屋理敬脚本、山内重保絵コンテ・演出。

アイドルマスター第9話「ふたりだから出来ること」
海外の感想。

7
Episode 9 Review アニメ曜日
第9話「ふたりだから出来ること」
ANIMENEWSNETWORK. MyAnimeList. ANIMESUKIForum. NIS America. randomc.net. reddit. twitter.com. crunchyroll.comほか.
元コメントの投稿・発言時期は2011年6月~2015年6月


What the Two of Us Can Do


アイドルマスター THE IDOLM@STER

〚SPOILER ALERT〛
この記事には真犯人が明記されています


思っていたほど双子自身の話じゃなかった。
予告を信じちゃいけないって事だけど…。
ED曲は好き。
──── 女性

プログレだね。
──── not specified

双子の探偵、キュート。
EDも勿論ラブリー!
──── 男性・ベルギー

まるでマーダー・ケース(殺人事件)のような作りになっているのが面白い。
──── 男性・オランダ

名探偵ミス・フタミとミス・フタミ
ケース1:プリンを食べた女
──── not specified

アイドルマスター THE IDOLM@STER

双海さん家を見せてほしかったな。
でも今のところ家庭の様子が分かったのは
伊織とやよいだけ(たぶん)だから無理か。
──── not specified

亜美と真美がふたり一緒にいてくれる…私はそれだけで幸せである…。
──── イングランド

あの双子が一緒に遊んでいるのを見るのは、本当にいいものね。
今回は超楽しめたし、亜美真美ちゃんが愛しくて仕方がない。
また二人が別行動になると思うと、悲しいわ…。
──── 女性

プリン騒動以外では、真美の考えが少しだけクローズアップされた。
竜宮小町として成功しつつある亜美と過ごす時間が
少なくなってしまった真美。
スターへの階段が、仲のいい双子まで分断してしまうとは。
──── not specified

アイドルマスター THE IDOLM@STER

人気と引き換えに仲間を失いそうになるというのは、アイマスの大きな流れ。
今回の双子のケースは、まさにそれに沿った展開だ。
本放送時点では気づかなかったけどね…。
──── not specified

そもそも双子をなぜ分けた!
あんなにソックリなのに、なぜ亜美を選んだ!
──── not specified

作劇的には二人いる意味がないから減らしたのかな。
そもそも竜宮小町自体、13人から9人に登場メンバーを減らすためのもの。
その場にいないキャラは、いない理由を考えなくちゃいけないけれど、
あの4人に関しては、いない理由を説明しなくてもよくなるからね。
──── not specified

アイドルマスター THE IDOLM@STER

真美が誘っている。
だが我慢だ、プロデューサー。
──── not specified

アイマスのアニメでまさか自主規制を見るとは思わなかった。
ま、ゴキブリのことなんですけどね。
──── 男性

ああ。残念ながらサービスシーンではない。
──── 男性

ゴキブリを隠してくれるというサービス。
──── not specified

双子があまり好きではないにもかかわらず、今回の話は楽しめた。
ゴキブリのモザイクにも笑った。
──── not specified

うまくのせられてしまいました。見事な脚本です。
響、貴音、美希、そしてあずさへという展開がナイス。
──── not specified

亜美真美大好き。
想像以上の主役回でした。
──── not specified

アイドルマスター THE IDOLM@STER

主役じゃないにもかかわらず、あずさ、はるるん、真が可愛い。
貴音のシーンはかなりドキドキした!
双子は素晴らしい。プロデューサーと律子も素晴らしい。
──── 女性・アメリカ

雪歩、心配したよ。
彼女がALRIGHT*(無事)なのは当然だとしても。
ミステリアスで奇妙な貴音はあいかわらず。
──── 男性・アメリカ

アイドルマスター THE IDOLM@STER

サスペンスに貴音の有効活用。
他にあの役ができるアイドルはいない。
──── not specified

殺虫剤を持って殺人者のオーラを漂わせる貴音に爆笑。[画像]
──── 女性

映画的な緊迫感があった。
ドラマの殺人事件と平行してストーリーが進むのがいい。
ドラマになぞらえながら、響へのミスリードを経て貴音につなげる展開は、
ミステリーとして素晴らしい脚本。
…たとえそれがプリンの話だったとしても。
──── not specified

アイドルマスター THE IDOLM@STER

プリン。プリンは深刻な問題。
──── not specified

『みなみけ』におけるドーナツ並みに高価で貴重な存在。
──── not specified

前回の“あずさのウェディングドレス&男らしい真”には勝てないけど、
美希の屈託ない「うん、食べたよ」には負けたわ。
亜美真美がノリノリで演じている後ろで、「置いてくわよ、亜美」と冷静な律子も大好き。
──── 女性・カナダ

「セクシー美少女探偵・亜美&真美」って、個人的には良い名前だと思う。
──── 男性・アメリカ

亜美&真美は、アイマスからスピンアウトしてもやっていけそう。
──── not specified

満面の笑みで犯行を認めるとは、まさに美希。
──── not specified

セクシーな小鳥が多めに挿入される。
しかも、ここまでで一番セリフが長いのでは。
──── not specified

アイドルマスター THE IDOLM@STER

やよいが犯人だと思った私は、セクシー美少女探偵にはなれそうにないわね…。
──── 女性・カナダ

やよいの尋問シーンに笑い転げる。
──── not specified

亜美真美ちゃん、やよいがプリンすら買えないほど貧乏だと信じているのが可笑しい。
以前のやよい回で彼女の生活を知っているからこそ、このシーンが面白くなるのだろう。
──── not specified

本当の犠牲者は春香だ。
双子の仕掛けたトラップは美希と千早には全然効いていなかった。
──── not specified

春香×千早はもう常識になってきた!
──── 女性・アメリカ

アイドルマスター THE IDOLM@STER

美希が犯人で決着かと思ったら、当の双子がその原因というオチ。
そしてさらにCパートであずさが真犯人と明かされる展開には脱帽。
──── not specified

可哀相なあずさは、美味しそうなプリンのせいで
(また)ダイエットに失敗した。
──── 男性・アメリカ

冷蔵庫でプリンを見つけたあずさ、悪魔の微笑み。[画像]
──── not specified

あずさの演技はオスカーにふさわしいね。
──── not specified

冒頭にあった、あずさが犯人とわかる伏線には気づいたかい?
律子の運転する車の中で、ゴージャスセレブプリンを用意してあるという伊織。
その貴重さに全員が涎を垂らさんばかりに興味津々。
あずさ「あの…それって…」
伊織「もちろん、ちゃんと皆の分も買ってあるわよ」
ここだ。
「私も食べたいなあ」という意味だと思わせておいて、
実は「さっき食べちゃった、あのプリン…」という意味だったという。
──── not specified

アイドルマスター THE IDOLM@STER

もしあのままあずさの話を聞いていたら、
今回の話は全て必要なくなってしまう!
──── not specified

ミステリーの鑑賞には注意力が欠かせない。
例えば事件当日は木曜日だ。理由は分かるよね、名探偵諸君。
──── not specified

EDで真美が乗っているのはステゴサウルス。[画像]
ステゴサウルスの背中には、背びれ状の尖った骨が並んでいる。
彼女は一体どこに座っているのだろう?
──── not specified

背板の上に座っています。
多少股間に挿さりますが、アイドルとは大変な仕事なのです。
──── not specified


放送予定

TVアニメ『THE IDOLM@STER(2011)』再放送2015年4月~

第1クール・第1話~第13話は4月~6月(春)
7月~9月(夏)には『シンデレラガールズ』2期・第14話~を放送 2015年7月17日金曜日開始
第2クール・第14話~第25話は10月~12月(秋)

放送局

TOKYO MX 金曜日24:00~ 4月17日
チバテレ 金曜日24:00~ 4月17日
群馬テレビ 金曜日24:00~ 4月17日
とちぎテレビ 金曜日24:30~ 4月17日
テレ玉 金曜日24:30~ 4月17日
tvk 金曜日25:00~ 4月17日

KBS京都 金曜日24:00~ 4月17日
サンテレビ 金曜日24:00~ 4月17日
岐阜放送 金曜日24:00~ 4月17日
三重テレビ 金曜日24:20~ 4月17日
TVQ九州 火曜日26:35~ 4月21日

BS11 金曜日24:00~ 4月17日 / 木曜日25:00~ 4月23日

2015.06.13 土曜日